【会社の辞め方】仕事をやめる時に知りたい退職方法の全て

「仕事を辞めたい…。」

そう思ってはいるものの、人手不足を理由に辞めさせてもらえなかったり、辞めることを言い出しづらい職場環境であったりと、なかなか自分の思うようにことが進まないケースが多くあります。

ですが、退職することは労働者の立派な権利です!
ちゃんと自分の意思で仕事を辞めるためには、まずは退職の際の正しい手順を知ること。

その上で、どうしても「自分1人では会社を辞められない」「上司の圧がすごくて辞められない」という場合は、退職代行サービスを使う事を検討しましょう。

退職希望者によくある疑問

「会社を辞める時は何から始めたら良いの?」
「辞める時に会社とトラブルになったらどうしよう…」
「自分で辞めると言っても上司に聞き入れてもらえない!どうにかなる?」
「今流行りの退職代行って実際のところどうなの?」

当サイトではこのような疑問にお答えしながら、会社を退職する際のあれこれについてご紹介していきます。

いつまでも退職で悩んでいても時間がもったいないだけ…!
円満退職して、新しい仕事や自分らしい生き方をするために時間を使いましょう♪

仕事の辞め方


まずは「仕事の辞め方」を知るところから。

退職でお悩みの方は「辞めると言っても辞めさせてもらえない」「トラブルになったらどうしよう」などと不安に感じている方も多いですよね。

確かに、辞め方を間違えると退職ができなかったり、損害賠償を請求されてしまうケースも実際に存在します。

そうならないために、退職はなるべく慎重に、穏便に済ませたいところです。


一昔前の日本の会社では、終身雇用(新卒から定年まで同じ会社で働き続けること)が一般的でした。
そのことから、特に歴史の古い会社では『個人の都合で会社を辞めることは言語道断!』という風潮が今でも残っているところも。
そうなると余計に退職しにくく感じられてしまいますよね。

でも近年では、年功序列ではなく実力主義の社会になりつつあるので、自分をより高めるために退職や転職をすることが当たり前になってきています。
「会社のために働く」というより「自分のために働く」という時代ですね。

実際に「転職支援サービス」や「転職専門の求人サイト」も急増していて、中途採用の間口が非常に広くなってきています。
中途採用に力を入れている企業も多く、その市場動向は年々増加しているのです。

このように、今では「退職・転職」は誰でも一度は経験するような、当たり前の出来事になってきました。
ですが、だからと言って今働いている会社を不義理に辞めて良いということには繋がりません。

会社を退職する際に「正しい辞め方・手続きを行う」ことは必須です。
まずは会社の正しい辞め方から知っていきましょう。

仕事を辞める準備をする

会社を辞めるためには、まずは準備をすることが必要です。
中途退職であれば、その後の転職までを視野に入れているでしょう。

そのため、まずは「スケジュールを立てること」が重要です。
「いつ会社を辞めて」「いつ頃までに転職先を見つけて…」と、具体的に退職から転職までのスケジュールを立てていきましょう!

それと同時に、必要な書類や手続きの準備をしておくことも必要となってきます。
具体的には、以下の通りです。

【退職までにしなければいけないこと】

退職・転職までのスケジュール確認


まずはいつまでに退職、いつ頃に転職したいか、スケジュールを立てましょう。

そうすることで、いつまでに何を用意しなければいけないのかが見えてきます。

退職願・退職届の作成


退職の際はその意思を記した書面を残すことが確実です。

日付もしっかり書き、万が一トラブルに発展した際に備えてコピーを保管しておくのが良いでしょう。

退職届は「何があろうと絶対に退職する」意思を伝えるもの、「退職願」は「退職したいので認めてください」と会社にお願いするものです。

その時の状況に合わせてどちらかを用意することが必要です。

転職活動中の資金の用意


転職活動中の給料はありませんので、転職活動中の生活費等を工面できるよう、お金の準備をしておくことが必要です。

また、この期間にどれくらいの出費が必要になるかも試算しておくのがおすすめです。

およそ4~6ヵ月分の生活費があれば安心ですね。

これらの試算をした結果、退職をしてもある程度転職まで金銭的に余裕があれば、実際に退職届(願)を提出して、退職を実行しましょう。

仕事を辞める時の手続きについて

次に「実際に仕事を辞める時の手続き」と「辞めた直後に行う手続き」について列挙していきます。

これらの手続きの中では、今後転職等をする際に必ず必要となってくる書類のやり取りをすることにもなるので、受け取った書類は大切に保管することを忘れないでくださいね。

【退職届(願)提出後~退職まで】

① 滞りなく退職手続きが受理されているか確認

退職届が直属の上司のところで止まっていないか等、いざ退職するとなった際にトラブルが起きないように人事部等所定の部署に確認しておきましょう。

② 業務の引き継ぎ

自分の今やっている業務を誰かに引き継ぎすることも必須です。

立つ鳥後を濁さず。引継ぎが出来ず会社に不利益が起こると、それこそ損害賠償問題の話が出てしまうケースもあります。
もちろん「故意かつ悪質」でない限りは労働者側が裁判で負ける事はないですが、後任者を見つけてしっかりと引き継ぎをしておきましょう。

引き継ぎ等のコツは別記事にてご紹介しますね。

③ 取引先等への挨拶まわり

自分が担当していた取引先等へ、退職することや後任者の紹介などの挨拶まわりを済ませましょう。

実際に会う機会があればその際に、直近で会う予定が無ければ書面やメール等で伝えることもできます。退職後もまた何かでご縁があるかもしれませんので、社会人としてしっかり挨拶をしておくのがオススメです。

④ 会社に置いている私物を回収・まとめておく

退職してから会社に私物の置き忘れがあったことに気づかないよう、デスク周りやロッカーなどを念入りにチェックします。

⑤ データ整理・貸与品等を全て会社に返却

社用・私用関係なく、会社の業務関係のデータがパソコンに入っていれば、まとめて後任者に渡しておきます。

退職後になって仕事のことで質問されることの無いよう、こちらも引き継ぎはしっかりと。

また、制服・パソコン・携帯電話等貸与品があれば合わせて会社に返却しましょう。

⑥ 社会保険の脱退・年金手帳等の受け取り

→社会保険証を返却し、失業し社会保険を脱退したことを証明する「雇用保険被保険者証」、そして会社に預けている自分の年金手帳も受け取ります。
転職の際に必要となるので大切に保管しましょう。

【退職後?転職まで】

① 転職活動を始める

転職先を探しましょう。

ツテがある方はそこに転職するも良し、転職支援サービスを利用してエージェントと相談しながら転職先を見つけるのも良いでしょう。

② 源泉徴収票・離職票の受け取り

退職後1ヵ月程度で、会社から「源泉徴収票」「離職票」を受け取ります。
郵送が一般的です。

転職先の会社に提出しなければいけないものなので、大切に保管しておきましょう。

③ 国民健康保険に加入する

転職期間中の保険証として国民健康保険に加入しておくのもおすすめです。

④ 失業保険の申請・受給

転職先がまだ見つかっていない場合は、ハローワークにて失業保険の申請をすることで、失業中の期間一定の生活費を受け取ることができます。

簡単にまとめると、以上の通りです。

これらの手続きについては、別の記事でも詳しく説明していく予定ですので、ぜひそちらも確認して手続きを正しく行いましょう。

会社の退職方法

以上では、退職手続きのやり方として直接上司に退職届(願)を提出する方法でご紹介してきました。

もちろん多くの会社ではこの方法が最も一般的でしょう。

ですが、実は会社の退職方法には直接退職届を提出する以外にも手段があることをご存知ですか?

その方法として2つ、ご紹介します。

①電話で退職する意思を伝える

電話で退職の意思を伝えます。

電話する相手は自分の直属の上司か、さらにその上の役職の方、大きい会社の場合は人事部に電話をするのもおすすめです。

コツとしては、退職の意思が固いことをはっきりと伝えること。
そしてすぐ辞めれるように、退職届や会社からの貸与品、自分の荷物などは前日までに整理しておくこと。

トラブルに発展することが不安な方は、電話の内容を録音しておくのも良いでしょう。
電話が苦手な場合は、退職の電話代行サービスを利用することも選択肢の一つです。

②メールで退職する意思を伝える

メールの場合も電話と同じく、退職の意思を所定の人物に送付します。

特に直接話をすることに対して精神的苦痛を感じている方はこの方法がおすすめです。

この場合も、出社する必要が無いように荷物等をまとめておくと良いでしょう。

・・・以上のように、実は会社に出社せずとも、電話やメールを利用して会社を辞める方法があります。

ですが、「上司が良い人で退職すると言い出しづらい」「上司に退職の意思を告げてもうやむやにされる」といった場合は、別の手段を取りましょう。

一番オススメなのは、退職代行業者です!

近年、「辞めたくても辞められない」「脅されて会社を辞めることができない」などのケースが非常に増えており、そのことから退職代行業者の利用者数は年々増加。
特に2018年からはテレビや雑誌でも紹介される事が多くなり、知名度も上がった今では「退職手段のひとつ」として一般的になっています。

退職代行業者の強みは、あらゆるケースの退職に関するプロだということ。
「退職に伴う手続き」や「未払い給与の請求」についても代行やアドバイスをしてくれるので、ストレスなく楽に会社を辞める事ができるんです。

利用者数の増加と同時に、そのノウハウも多く蓄積されているようで、特に評判の高い退職代行業者では、ほぼ100%の確率で退職代行を成功させています。

特に「弁護士のいる退職代行サービス」を利用されると、企業側も手続きを受け入れるしかありません。給与未払いなどの問題が起こらないのは安心ですよね…!

しかも相談だけなら無料のところが殆どです。
「辞めたくても辞められない」「会社を辞めると言い出せない」「仕事を辞めるとトラブルになりそう」などとお悩みの方は一度、退職代行業者に相談してみてはいかがでしょうか?

仕事辞める時の退職理由

自分で退職を伝えた場合ですが、承認する前に「どうして辞めるの?」と理由を尋ねてくる上司も多いでしょう。

「退職届等に記入する退職理由」は、どんな理由であれ「一身上の都合」で問題ありません。
でも実際の会話では、「一身上の都合で」と言って納得してもらえるケースは非常に少ないのです・・・
会社や上司に対しての不満が退職理由だった場合、それを上司に伝えるのは気が引けますし、言えば上司が怒り出して、余計に話がこじれてしまう可能性も。

ですので、上司に「それはしょうがないね」と言われるような理由を考えておくことで、波風が立たず円満に退職することができるでしょう。

理由は建前なので、本当のことでなくても構いません。

例えば、以下のような理由が挙げられます。

退職理由の例
  • 学生時代の仲間と会社を立ち上げたい
  • 夢だった業種で働けるツテができた
  • 資格を取ってキャリアアップしたいから

このように、同業ではなく全くの異業種に行きたいことを伝えるのが無難です。

会社を立ち上げたい、異業種で働きたいなど、個人の夢を実現させることを止めてくる上司は、ブラック企業でもない限りは少ないでしょう。

「資格の勉強なら働いていてもできるだろう」と言われるかもしれませんが、資格の中には所定の学校施設に通わなければいけないものや数ヶ月?半年の実習が必要となるものもあります。

例えば管理栄養士や看護師などですね。
これらの資格を取得を取って異業種で働きたいと伝えれば、引き留められる可能性は少ないでしょう。

家族や身内の看病や介護も理由として多く使われています。

ただ、親を理由にすることはデメリットがあり、よほど設定を細かくしないとボロが出て嘘がバレてしまいます。

その上、緊急連絡先として両親の連絡先を伝えている方がほとんどなので、会社は真偽を直接確かめる手段を持っているということ。

嘘の理由であることがバレる可能性が高いです。

嘘であることがバレるとさらに話がこじれてしまうので、家族関係の理由は避けておくのが無難ですね。

仕事を辞めるタイミングは?

仕事を辞める上で考えたいのがタイミングです。

多くの会社では「辞めます!」と言ったその日に辞められる、というケースは少ないです。
正社員ならなおさらですね。

ですが、労働基準法では退職する2週間前に退職の意思を伝えていれば辞めることができる、と定められているので基本的には2週間前に伝えればOKです。

ただ、現実問題として、高い役職に就いていればいるほど大事な仕事を任されているので、すぐに辞めるわけにはいきません。
引き継ぎや挨拶回り等を行う期間も考えて、辞める意思は1~2ヶ月前に伝えておくのが無難でしょう。

とはいえ、「1ヶ月も耐えられない!」「このまま働いてたらいつか体を壊してしまう!」「早く新生活をスタートさせたい」と考える方は非常に多いです。

転職やこれからのことについては、辞めてから考えたって遅くはありません。
実際、辞めると分かっている仕事を何か月も続けるよりは、一刻も早く次の人生に向かうためのアクションに時間を使った方が効率的ですよね。

では合法的に「今すぐ会社を辞めて、明日から仕事にいかない」ためには、どうすればいいのでしょうか・・・?
その答えを、次から紹介します。

会社をやめるなら退職代行がおすすめ

『辞めたいと言っても辞めさせてもらえない…』
『辞めると言って上司に怒鳴られるのが怖い…』
『明日からすぐに辞めたい』

退職したいと思っている方の中には、このような悩みを抱えている方が大勢います。
ブラック企業や人手不足の会社の数が増えていることも原因でしょう。

そして、そんな時は「退職代行業者を利用する」のがおすすめ!!

退職のプロがあなたの代わりに退職の意思を伝え、会社から退職の了承を取ってくれて、料金も平均3~5万円くらいと手軽です。
退職代行業者を利用すれば、自分で退職の意思を会社に伝えるストレスが無くなりますし、辞めさせてくれない上司と口論になる心配もありません。

しかも即日退職に対応した業者なら「明日から仕事に行かなくていい」という環境も合法的に実現できてしまいます!!!

自分で直接退職を切り出して嫌な思いをするより、退職代行業者を利用して辞めてしまった方がノーストレス。
「明日からすぐに、明るい気持ちで次の人生に向き合える」という点が、退職代行サービスが流行している一番の理由かもしれません。

退職代行とは?

では、退職代行とはどのようなサービスなのでしょうか。
退職代行サービスとは「依頼人の代わりに退職代行スタッフが依頼人の退職代行を成功させてくれるサービス」を指します。

依頼人の退職の意思はもちろん、「有休消化」「離職票等の郵送」「最終給与の支払い」まで伝えてケアしてくれる業者もあります。
依頼人自身がやることと言えば、業者に相談&依頼して、書類の提出や受け取りを郵送で済ますことだけ。

直接会話をしなくて良いということは非常に気持ちが楽ですね。
依頼を実行してもらったその日から出社しなくても良いことも、大きなメリットでしょう。

詳しくはこちら退職代行業者の仕組みや選び方の記事に書きましたので、興味がある方はチェックしてみてください♪

仕事を辞めるのにおすすめの退職代行業者

退職代行を利用することを検討する上で、業者選びも非常に大切です。

ここでは当サイトおすすめの業者について3つご紹介していきます。

① EXIT

引用元:https://www.taishokudaikou.com/

「退職代行と言えばEXIT」というイメージが付くほどの人気の退職代行業者です。

即日対応、退職成功率ほぼ100%、メディアで取り上げられた経験も多数。

このように、EXITは非常に知名度・退職成功率も高い業者として知られているので、信頼できる退職代行業者を探している人にはまさにおすすめです。

② 汐留パートナーズ法律事務所

引用元:https://taishoku-service.com/

汐留パートナーズ法律事務所は、弁護士資格を持つ弁護士が運営している退職代行サービスです。

LINEやメールで退職相談ができ、税理士法人・社労士事務所・行政書士事務所を併設しているので、スムーズに退職代行実行までを依頼することができます。

他社で断られた法律が絡む退職案件や退職時に未払いになっている残業代を請求したい時等のケースも対応可能なところが弁護士が運営する退職代行サービスの強みです。

少しでも安心して知識豊富な弁護士に退職代行依頼をしたい方は汐留パートナーズ法律事務所がおすすめです。

③ Give up

引用元:https://www.giveupdaikou.com/

Give upは退職率100%、さらに転職給付金サービスも用意されている退職代行業者で、料金も非常に格安。

その上、もし万が一退職代行が成功しなければ、全額返金してもらうこともできるので、退職代行費用の支払い損になることはありません。

退職後の金銭面が不安な方は、格安で退職成功実績も多いGive upがおすすめです。

このように、退職代行業者にはそれぞれに特徴が異なります。

当サイトでは特におすすめの退職業者についてご紹介していきますが、それぞれ個人の状況や

要望に応じて、おすすめしたい退職代行業者は違うことを知っておいてくださいね。

退職代行業者に退職代行を依頼する場合は、ぜひ自分に合った業者を比較検討してみましょう。

各業者の評判・口コミ

では、それぞれの業者で退職代行を依頼した方は、どのように感じているのでしょうか。

ご紹介した3つの業者の口コミについてご紹介していきますね。

まずはEXITから。


このように、EXITで退職代行を利用された方は非常に多く、また評判も非常に高いです。
丁寧な対応、退職成功率の高さが非常に魅力的な退職代行業者なので、今の会社に限界を感じている、精神的に滅入っている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

では、LINEで退職の場合はどうなのでしょうか。


このように、LINEで退職も評判は良いようです。
LINEで退職では実際に退職代行を利用された事例について公式サイトで紹介されているので、ぜひそちらの評判や感想等もチェックしてみてください。

最後にGive up。

このように、Give upでは公式Twitterアカウントにて退職代行の成功事例について紹介されています。

連日多くの事例や利用者の感想が投稿されているので、あなたと似た境遇の方もいるかもしれません。

以上のように、退職代行はその人気の高まりから、口コミも非常に増えています。

退職代行サービスが気になる方は、ぜひこのほかの代行業者の口コミや体験談についてもチェックしてみてくださいね。

まとめ

退職や転職は、今や非常に手軽なものとなっており、自分をブラック企業から守ることはもちろん、自らのキャリアアップのために退職・転職をするのも非常に有用です。

今の会社に不満がある、キャリアアップを目指したいと考えている方は、前向きに退職・転職を考えましょう。

その時には正しい退職手続きを行うことが必須となってきます。

退職は労働者の正しい権利で、等しくその権利が守られているもの…とはいえ、現実問題、退職をあっさりと認めてくれる会社ばかりとは言えませんよね。

その時は、電話やメールなど、直接出社せずに済ませられる退職方法はもちろん、退職代行サービスを利用することもおすすめします。

退職代行は年々そのニーズが高まっており、利用者は非常に増えています。

退職代行もひとつの手段と考えて、より良い人生を歩むことを大切にしましょう。