「ChangeLife(チェンジライフ)」の評判と口コミ@退職代行業者の体験談

退職代行「ChangeLife(チェンジライフ)」の特徴

費用面
安心度
対応スピード
専門性
対応地域 全国どこでも相談可能
成功率 退職成功率100%
連絡方法 LINE・メール・電話
対応可能日時 公式サイトに記載なし
無料相談 あり
転職支援 なし
連絡制限 無制限
専門家の有無 顧問弁護士在籍

大手を含め、多くの退職代行サービスの特徴・デメリットとして、「非弁行為を行うことができない」ということが挙げられます。

確かに弁護士事務所に退職の依頼をすれば、適切な書面を制作してくれるので確実に辞められます。
さらに、有休消化や未払いの残業代についても対応が可能です。

ですが、退職代行に比べ、弁護士費用は圧倒的にコストが掛かることから、退職代行サービスは人気が伸びています。

その中で他社と異なるメリットを持つのが、「ChangeLife(チャンジライフ)。
退職代行サービスには珍しい「顧問弁護士」が在籍しており、ケースに応じて弁護士に交渉を行なってもらうこともできます。

いわば弁護士事務所と退職代行サービスのハイブリット型サービスですね。

料金も手頃な上に、弁護士が必要なケースでもしっかりと対応してもらえることから、様々なメリットがあります。

メリット
  • ブラック企業でもあっさり辞められる
  • 溜まっている有給も取得できる可能性が高い

退職したい方はもちろん、退職の際に交渉が必要な可能性のある方はChangeLifeでの退職代行に注目してみてくださいね。

「ChangeLife(チェンジライフ)」の退職代行費用やプラン

では、ChangeLifeでの退職代行にはどれだけの費用が掛かるのでしょうか。

正社員・契約社員 35,000円
アルバイト・パート 35,000円

雇用形態に関わらず、ChangeLifeでの退職代行費用は一律3万5千円です。

通常退職代行サービスの相場は正社員で4~5万円、アルバイトで3万円程度なので、正社員雇用の方から見ると相場よりもやや低めでサービスを依頼することができます。

以前までは正社員の料金は4万円だったようですが、現在は料金が変更され、一律こちらの料金になったようです。

比較的安く退職代行を依頼することができるので、非常に魅力的な料金設定ですね。

追加料金・オプションについて

追加料金・オプション料金についても一切掛かりません。

万が一の際は、基本料金内で弁護士があなたの代わりに交渉を引き受けてくれます。

会社や依頼人とのやりとりについても回数は無制限で対応してもらうことができるので、安心して任せることができますよ。

支払い方法について

支払い方法は銀行振込に対応しています。

振込先は住信SBIネット銀行で、「一括」、もしくは「2回払い」が可能です。

銀行振込しか支払い方法がありませんので、特に即日代行を希望する場合は、早めに振込を済ませることをおすすめします。

退職代行「ChangeLife(チェンジライフ)」のメリット・強み

それでは、ChangeLifeを利用するメリットや強みについて説明いたします。

①即日代行にも対応してもらえる

ChangeLifeの公式サイトでは明確な営業時間が記載されていませんが、可能な限り、休日や夜間でも対応してもらうことができます。

即日代行を希望する場合は、最初にそのことについて伝えておきましょう。
即日代行を行なってもらえば、もうその日からその会社に行く必要はありません。

②会社と直接やり取りをしなくても済む

退職代行を依頼する方の中には、上司に何か言われるのが怖い、同僚の目が怖いと思っている方も多いでしょう。

ですが、ChangeLifeをはじめ退職代行サービスを依頼すれば、会社とのやり取りは全てChangeLifeの担当スタッフを通して行われるので、依頼人自身が連絡する必要はありません。

自宅でゆっくりと休んでいる間にあっさりと退職は成功してしまいます。
あとはChangeLifeのスタッフの指示通り、退職に必要な手続きを郵送等で済ませてしまいましょう。

③場合によっては顧問弁護士が交渉してくれる

ChangeLifeの一番の強みが、顧問弁護士による交渉です。

複雑な案件であったり、退職代行を頑なに認めない会社に対しては、同料金で顧問弁護士が代わって交渉。

また、「有給消化の交渉」「給料の未払い」「退職に際する損害賠償」など、他社サービスでは非弁行為にあたり対応することができないケースであっても、ChangeLifeであれば対応することができます。

顧問弁護士による交渉費用も、基本の代行料金に含まれているので、弁護士に頼ったからといって高額な追加料金を請求される心配もありません。

こんな人におすすめ
  • 雇用形態が複雑
  • ブラック企業で退職代行すら聞き入れない
  • 会社に交渉してほしい

④退職成功率はほぼ100%

2019年5月時点までのChangeLifeの退職代行成功率は100%。
非常に高い確率で退職代行を成功させてきました。

スピーディな対応ともしもの場合の弁護士による交渉はChangeLifeの強みで、安心してサービスを依頼することができます。

確実に退職代行を成功させたい方はぜひChangeLifeに依頼してみてくださいね。

⑤退職時の要望についても伝えられる

有休消化や依頼人への連絡拒否など、退職時には様々な要望がある方もいるでしょう。

ChangeLifeではそれらの要望についてもしっかりと依頼人の代わりに伝えてもらうことが可能です。

有休消化はもちろん、連絡拒否や離職票の郵送など、ほとんどの会社では指示通りに行なってもらうことができます。

また社宅に住んでいる場合は、その退去日についてもChangeLife担当スタッフを通して確認を取ってもらいましょう。

確認したいことや要望などがある場合は、最初の無料相談の段階で担当スタッフに伝えておくと、スムーズに退職代行に移ることができますよ。

退職代行「ChangeLife(チェンジライフ)」のデメリット・注意点

では、逆にChangeLifeを利用するデメリットや注意点は何なのか、ここでご紹介いたします。

①弁護士に対応してもらえるのは退職成功の部分のみ

ChangeLifeでは会社が依頼人の退職を渋った場合、顧問弁護士が交渉に移ってくれます。

ですが、連絡拒否や有休消化など、退職に際する要望面では顧問弁護士に交渉してもらえるケースは少なく、あくまでも弁護士が料金内で対応してくれるのは退職の部分のみ。

有休消化や連絡拒否の強制は他社サービス同様行うことはできないので、注意しておきましょう。

②もしもの時の返金保証がない

他社サービスの中には、万が一退職できなかった場合の返金保証が用意されているところもありますが、ChangeLifeには返金保証はありません。

ただ、ChangeLifeの今までの退職成功率は100%です。
非常に高い確率で退職を成功させてきましたので、安心して退職代行を任せられるサービスであることは確かでしょう。

③転職サポートサービスは用意されていない

同じく他社サービスでは用意されているところもある転職サポートですが、ChangeLifeには転職サポートは用意されておらず、転職を希望する場合は自分で転職先を探さなくてはいけません。

ですが、近年では無料で利用できる転職支援サービスも数多く存在しますので、退職後すぐに転職を希望される方は、それらのサービスを併用することをおすすめします。

業種や年代、性別に応じてそれらに特化した転職サポートサービスが数多くありますので、うまく活用して満足のいく転職先を見つけましょう。

「ChangeLife(チェンジライフ)」への代行依頼から退職までの流れ

ChangeLifeを利用するメリット・デメリットについて知っていただけましたか?
それでは、実際にChangeLifeに退職代行を依頼する際の流れについて説明いたします。

①所定の方法で無料相談をする

まずはLINE・メール・電話などで退職代行に関する相談から始めましょう。

現在の依頼人の状況や即日退職などの希望の有無、雇用形態などを伝えておくとスムーズに対応してもらうことができます。

メールについては公式サイト内のお問い合わせフォームから依頼することも可能です。

24時間いつでも相談依頼を出すことができるので、特に深夜や休日に依頼したい場合は、初回相談はLINEやメールを利用することをおすすめします。

②サービスに同意したら支払いを済ませる

ある程度相談内容がまとまったら、担当スタッフからChangeLifeでの実際の退職成功までの流れや料金、支払いについての説明を受けます。

その上でサービスに同意し、ChangeLifeに退職代行を依頼する意思が固まったら実際に支払いを済ませましょう。
支払い方法は銀行振込が推奨されています。

③実際に退職代行を実行してもらう

スタッフが入金を確認したところで、実際に退職代行を実行してもらいましょう。

依頼人自身は、自宅でChangeLifeスタッフの連絡を待っているだけでOKです。

退職届の提出や貸与品の返却などは、ChangeLife担当スタッフの指示通りに郵送で済ませることになります。

万が一職場から直接連絡が来たり、自宅に押しかけてきた場合も応じる必要はありません。
ChangeLifeのスタッフに相談することで解決してもらうことができますよ。

全ての手続きが終わって、退職が無事終了したらChangeLifeでの退職代行は終了です。

あとは休息を取ったり、転職活動をしたりと思い想いの道に進みましょう。

「ChangeLife(チェンジライフ)」の退職代行に関する評判・利用者の口コミ

実際にChangeLifeで退職代行を依頼した方は、どのように感じているのでしょうか。

ChangeLifeはまだまだ新しい退職代行サービスということもあり、ネット上での口コミ・評判等は見られませんでした。
新たに評判や利用者の口コミ等の情報確認が取れ次第、随時更新いたします。

また、ChangeLife公式サイトでは多くの利用者の退職代行の事例について公開されているので、合わせてチェックしてみてください。

雇用形態:契約社員
職種:大手電気メーカーのテレアポスタッフ
年齢:23歳
状況:
給料面では満足出来る金額を貰っていたが、覚える事柄も多く、仕様マニュアルや顧客との仕様マニュアルを毎日のように変更され、それについて少しでも間違えると教育係から皆の前で激しく罵られる。
入社時の説明とは大きく異なる為、辞めたいと申し出たが、「良い給料を渡しているんだから」や「努力が足りない」等と言われ、辞めさせてもらえない。
当社の対応:
人事担当者の方とお話がしたいと伝えましたが、常に不在で社長に取り次ぐようにお願いすると、直ぐに人事担当者から連絡があり、本人の退職の意志が固いことを伝え、即日退職が認められました。

雇用形態:正社員
職種:居酒屋チェーン店店長
年齢:32歳
状況:
仕入れ 社員教育 接客 調理 店内清掃全ての事に責任を持たされ、過大なノルマを課せられ、長時間労働を強いられるが、給料は低く、ノルマ未達成だとエリアマネージャーや本店社員から大声で怒鳴られる。
本社人事課に、この旨と退職の意思を伝えると「責任感が無い」や「個人の努力不足」などと言われ退職も保留にされ、辞めさせてくれない。
当社の対応:
エリアマネージャーと本社人事担当に連絡を取り、2週間後の退職を提案され、本人もその条件で納得し、2週間後、無事退職された。

雇用形態:アルバイト
職種:スーパー商品管理
年齢:25歳
状況:
働き始めた当初は定時に上がれていたが、最近になってサービス残業をさせられ始め、
このままだといいように使われてしまうので直ぐにでも辞めたい。
マネージャーがとても苦手なので、退職を代行して欲しい。
当社の対応:
当社担当からお店に連絡したところ、「勝手な事を言うな」「どれだけの人に迷惑をかけるつもりなんだ」と猛反発。当社担当にもキツく当たってきたが、なんとか本人の退職の意志を伝え、サービス残業の有無について問うと、すぐさま話を変えられてしまったが、最終的に即日退職を認めて頂けた。

このように、退職代行に対する会社側の対応は様々ですが、ChangeLifeではあらゆるケースにおいて丁寧に退職の意思を伝えてもらえます。

そのことから、退職成功率が非常に高く、安心して任せられる業者であることがわかります。

「ChangeLife(チェンジライフ)」の運営会社情報

退職代行サービス「ChangeLife(チェンジライフ)」について知っていただけましたか?

ChangeLifeはスピーディな即日対応を強みとした退職代行サービスで、もしもの場合は弁護士による交渉に切り替えることもできる点が強みです。

最後に、ChangeLifeの運営会社情報についてまとめます。

会社名 リーガルエース
代表取締役 古泉 清和
担当者 公式サイトに記載なし
設立 公式サイトに記載なし
資本金 800万円
所在地 〒 259-0111 神奈川県中郡大磯町国府本郷73番4
電話番号 03-5927-9521
営業時間 公式サイトに記載なし
企業URL https://www.changelifetaisyoku.com/